自律神経が原因で起こる不眠症・更年期障害の予防・解消法 | ネットワークビジネスアカデミー:MLMの成功法則

自律神経が原因で起こる不眠症・更年期障害の予防・解消法

sleep4

ネットワークビジネス(MLM:マルチレベルマーケティング)において、予防医学はとても重要な分野になります。

ネットワークビジネスの中には、サプリメントや健康食品を販売している会社が多いです。そして、そうしたサプリメントや健康食品は、上手く活用することで病気を予防することができます。

ただ、サプリメントや健康食品で病気を予防するためには、病気に関する基本的な知識を持っておくことが大切です。

そこで今回は、「自律神経が原因で起こる不眠症・更年期障害の予防・解消法」について解説します。

不眠症

不眠症は、日本人全体の約30パーセントの人が悩まされている問題です。

また不眠症と一言でいっても、「寝入りが悪い」「夜中に起きる」「朝早く目覚める」といったように、人それぞれ抱えている問題が異なります。そして、中には、内科的な疾患が原因で不眠症となっている人もいます。

不眠症の原因

内科的な疾患が原因で起こっている不眠であれば、内科的な問題を解消するために医学的な治療が必要になります。しかし実際には、不眠症で悩む人のほとんどは、内科的疾患のように、明確な原因が見つかりません。

多くの人に当てはまる不眠症の原因は、「自律神経の乱れ」にあります。

自律神経とは、心臓や血管、内臓などの活動を無意識下でコントロールする神経です。そして自律神経は、体が興奮時に活動する「交感神経」と、逆にリラックス時に働く「副交感神経」と呼ばれる2つの神経によって構成されています。

こうした交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで、自律神経は体の活動を適切に調整することができます。

また、交感神経と副交感神経は、1日の中で一定のリズムによって活動しています。具体的には、日中に交感神経が優位に働き、夜は副交感神経の活動が強くなります。この自律神経における活動のリズムは、人間の睡眠行動と深く関係しています。

人は、夜に副交感神経がしっかり働くことで、体がリラックスして眠ることができ、朝に交感神経が活動することで眠りから覚めます。

人間は、このような自律神経のリズムによって、「朝起きて夜寝る」という行動を取っています。そのため、自律神経のバランスが乱れると、そうした睡眠のリズムが崩れて不眠になります。

例えば、ストレスなどが原因で夜に交感神経が強く働くようになると、体はリラックスすることができず、眠ることができなくなります。

このように、不眠症に悩む人のほとんどは、自律神経のバランスが崩れていることが原因になります。

不眠症の予防・解消法

不眠症は、自律神経のバランスが崩れることで発症します。そして自律神経は、体内に存在する「体内時計」によって活動がコントロールされています。

体内時計とは、外の明るさや気温といった環境の変化に関係なく、体の働きを調整する仕組みです。

例えば、真っ暗な部屋で時計もないと、基本的には時間を全く予測することができません。しかし、人間は体内時計が働いているため、そうした状況でも「夜寝て朝起きる」といった行動を取ります。

このように、外部環境とは関係なく、人の活動をコントロールしているのが体内時計になります。

こうした体内時計が、睡眠にとって重要な自律神経の活動をコントロールしています。そのため、体内時計の働きが乱れると、自律神経のバランスが悪くなります。

つまり、不眠症の人は体内時計が上手く働いていないことが根本的な問題だといえます。

こうした理由から、不眠症を予防・解消するためには、体内時計を正常に働かせることが重要になります。そして、体内時計を正常に働かせる3つのポイントを以下に記します。

・朝日を浴びる

朝起きた後に朝日を浴びることは、体内時計を一度リセットする効果があります。そのため、体内時計が乱れてしまっている人は、太陽の光を浴びることで、体内時計を調節できます。

太陽の光は、体内時計に影響を与える因子の中で最も強力なものです。

ですので、不眠症の人は、まずは起床後に朝日を浴びるということを行うようにしてください。

・食事を規則的に取る

食事による内臓の活動は、太陽の光に続いて体内時計に影響を与える因子になります。

規則的な食事を行って、一定時間ごとに内臓を刺激することで、体内時計がそのリズムに沿って活動するようになります。その結果、体内時計の働きが正常になります。

そのため不眠症の人は、朝・昼・晩の3食をできるだけ同じ時間で規則的に食べるようにしてください。

・日中に活動する

食事に並んで体内時計に影響を与えるのが運動になります。日中に運動をすることで、体内時計が昼と夜を正しく把握できるようになります。

そのため、不眠症の人は、できるだけ日中に運動を行うようにすることが大切です。

更年期障害

更年期障害は、多くの女性が悩まされている問題です。人によって症状の出方に違いはあるものの、女性であれば更年期と呼ばれる40~50歳代には、体に何かしらの不調が出現します。

更年期障害の原因

ただ、更年期障害の症状には、「ちょっと汗をかきやすくなった」という程度のものから、「強いめまいで起き上がることができない」「倦怠感で日中に外出することができない」というように、日常生活に大きな支障をきたすような場合もあります。

更年期障害で出現する症状としては、以下のようなものがあります。

・のぼせ、ほてり、発汗

・頭痛、めまい、不眠、抑うつ

・痺れ、耳鳴り

・倦怠感、腰痛、肩こり

このように、生活に支障が出る程の症状が出現しないようにするためにも、できるだけ若いうちから更年期障害の予防を行っておくことが大切です。

更年期障害は、閉経前後に起こる「卵巣機能の低下」が原因です。そしてその結果、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が低下して、ホルモンバランスが崩れます。

こうしたホルモンバランスの崩れが、以上に挙げたようなさまざまな症状を引き起こします。

ただ、ホルモンバランスの問題は、女性であれば誰でも起こることです。その中でも強く症状が出現する人とそうでない人の違いは、「自律神経」に原因があります。

心臓などの内臓の働きを無意識下でコントロールしている自律神経は、ホルモンの分泌も調整しています。

そのため、女性で自律神経の活動が悪くなると、加齢に伴って起こるホルモンバランスの変化がより助長されることになります。その結果、更年期障害の症状を強めてしまうことになります。

このように、更年期障害の原因であるホルモンバランスの崩れは、誰にでも起こるものです。ただ、そうした変化に自律神経の乱れが加わると、更年期障害の症状が強まることになります。

更年期障害の予防・解消法

更年期障害の症状が強く出る原因は、自律神経の乱れにあります。自律神経の活動が悪くなることで、女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまうため、通常以上に強い不調が出現することになります。

そのため、更年期障害を予防するためには、自律神経の崩れを防ぐことが大切だといえます。

自律神経の働きが悪くなる原因は、主に生活習慣にあります。そして、生活習慣の中でも、「生活リズム」は自律神経と非常に深い関係があります。

生活リズムが崩れることで、前述した「体内時計」が正常に働かなくなります。そのため、睡眠や食事などのリズムが不規則な生活を続けると、体内時計が崩れ、自律神経の活動が悪くなります。

その結果、ホルモンバランスが崩れるため、更年期障害の症状が強く出るようになります。

このように、更年期障害の症状を悪化させる自律神経の乱れを予防するために一番大切なことは、「規則正しい生活を送ること」になります。またその他にも、以下のようなことも、更年期障害の予防には有効です。

・適度な運動習慣

・栄養バランスを整えること(サプリメントや健康食品の摂取)

・ストレスコントロール

今回述べたように、不眠症の原因は、体内時計の乱れによって自律神経のバランスが崩れることにあります。体内時計は、不規則な生活習慣を繰り返すことで徐々に働きが悪くなります。

そうした体内時計を調整するためには、「太陽の光」「食事」「運動」の3つが効果的です。規則正しい時間に、これら3つによる刺激を加えることで、体内時計は正確なリズムを刻むようになります。その結果、自律神経の活動が整い、不眠症を解消することができます。

また、自律神経を整えることは不眠症だけでなく、更年期障害の予防・解消にも効果的です。

なぜ、アカデミーチームで成功者が続出するのか

自分の金儲けのために人を勧誘したり、商品を売ったりするのがネットワークビジネスではありません。自信をもって紹介できる製品を口コミによって広げ、困っている人を高品質の商品によって助けるのが本来のネットワークビジネスです。

アカデミーチームでは、こうしたビジネスでの原則はもちろんのこと、成功までの手順やチーム生の募集を含めてすべてのサポートを行っています。その結果、成功者が続出しています。

所属するチームが悪ければ、どれだけ頑張っても成功することはありません。あなたがネットワークビジネスで成果がでないのは、言葉は悪いですが教わっている人が悪いといえます。

そこでアカデミーチームでは、強引な勧誘はせず、社会貢献までを考えられる人だけチーム生として募集しています。感謝されるビジネスだけを行いたい人だけ、以下から申込みを行うようにしてください。